咲ミダレ

ミョンファちゃんを中心に回している妙なブログ 野球観戦ネタは消えてません オフシーズン

カテゴリ: 咲-saki-

ここでは咲本編にほぼ触れずただただ先週末新宿品川大阪京都と大移動を繰り替えし、なにをしていたそこで何があったのかを述べて最後に映画の感想をちょこっというだけのものです

本編の感想書かずこんなことしてて良いのかとも思いますが気にしません


logo_s_01



まず土曜池袋の挨拶回が取れなかった私は
< " src="http://livedoor.blogimg.jp/ijigen_yuzu/imgs/6/8/68089e41-s.jpg" border="0" hspace="5">

いつものごとく臨海女子もといミョンファちゃん涙目場所に向かっていました
今年初今年度で言うなら11回目通算25~27回目くらいです

来すぎ疑惑

そして新宿回を見る前に池袋にも一応寄り
新宿へ

DUDXJ4aVQAAREDM

舞台挨拶ではキャスト総勢10人プラス監督にこーこちゃん役の川口さんが司会と舞台上にいたのですごいことに

とりあえず白糸台コンビのコントが面白かったです
あと淡がそのまんま淡ということに驚き


そして見終わると品川へ移動
ここで微妙に時間が出来たので余裕はありましたが2度めの舞台挨拶へ

DUBfl-rUQAAe8Hd

今回は新道寺と千里山で舞台挨拶中に裏のCDお渡し会ですばらモノマネが行われているとの情報が入り本家すばら先輩のすばらを生で聞くことができました
これも後で話もしますが今回新道寺の株上がりすぎでは

飯やら宿の話も後ほど

2日目

朝から新幹線で大阪へ移動
難波でのCDお渡し会に朝から参加
恒松すばら先輩のモノマネ大会に加えて桜田ひよりさんの小走先輩のモノマネ 

昨日より尺が長いすばらモノマネだったそう

そして移動
DUDXLhXVoAAYREZ

梅田阿知賀女子舞台挨拶

またモノマネ
今度は千里山ミニコント
失敗に終わる上咲舞台挨拶恒例マイクトラブル
それはそれで面白いしいいオチがついたと思えば…

ラスト

DUDXMjpVAAA_WaV
京都舞台挨拶です
ここでは浜辺さんと浅川さんの清澄コンビによる舞台挨拶で浅川さんが阿知賀編見てないことも発覚し、前作を振り替える回という珍しい形に
そして前作のセリフをいうやつが知らぬ間にミニコントに
しかも初回のしょっぱな咲と和が出会うシーンを浜辺さん完全に忘れていてしっちゃかめっちゃかに
 

そして弄られる京太郎
京太郎は紙となり散ったのだ。
悲しき存在須賀京太郎




と1日で4舞台挨拶1お渡し会と回ってきてこの咲実写について感じたのは
これ最初義務感見始めたはずなんだよなぁ…と思いました

今回のドラマも映画もそうですがいつの間にか義務感から楽しみに変わっていったというのが自分でも予想外というかいいように振り回されてるなぁとは思います


肝心の映画の内容については
ああいう見せ方もあるのか
というのとよくまぁあんだけ詰め込んだなというのが正直なところで
最初のすこやんと赤土先生の立ち位置と関係から最後に対等な場で話せるようになるというのはなるほどと思う場面であるし
新道寺のラストはタコス抜きでえらく変化した形になってますがあれはあれで泣けるシーンとして成立させているのは変えてよかったと思う場面です 
その直後に笑かしにくるように白糸台控え室が大変な事になってますが


今回新道寺の哩姫やすばら先輩がいい人過ぎたりリザベの演出がわかりやすくいいものになっていたりかなり優遇されていたような印象さえ受けます

逆にいえば次鋒中堅はダイジェストで進行していたということ
誰かと誰かにスポットを当てるのではなく全体に当てないといけない難しさと尺からそうなるのは仕方ないのないことですがフィッシャー亦野は釣竿どころかポンすらほぼしないし二条泉は大口叩いて大赤字出したやつにしかならないのが少し残念です

しかしながら原作補完の場面であったり照淡の演出etc…牽かれる場面も多いのも確かなこと
全体的に見てもはやり面白いと思わせるし宮永照営業スマイル時の隣にいる弘世様の開いた口が塞がらなくなったりするところみたいな細かいところまで作り込まれたのはやはりすごい点でした


で、宿の話
1日目品川終了後
飯を食う場所を探しながら周りにいた人たちと話をしていました
東京ビジネスホテル1部屋空いているじゃないか


泊まりますよね
そりゃ
この東京ビジネスホテル
実写の阿知賀女子麻雀部の宿舎であり麦茶で大人の味と叫ばれた部屋です

同じ部屋ではなかったですが
これが宿舎と感じることができました
近所は新宿2丁目でした


飯はいろんな方々と話して色々見方があったりこういう感じでこうなったのかと様々な意見を交わしたり得ることができました。
次見るときの注目ポイントだったり皆さんよく見てるなというより見すぎじゃないかというくらい見てましたね…脱帽
小沼監督からも吉野山モスバーガー認知しているということなど色々お話も伺えました。
映画公開初日から監督と話ができること自体かなり恵まれている環境であったということに感謝するしかありません。


と色々ありましたが舞台挨拶4箇所いった感想からすると4箇所とも行ってよかったし行くかどうするか悩んでやめちゃった人は勿体ないなと個人的に思いました。

それぞれに興味牽かれるところがありとても面白かっただけに池袋取れなかったのが悔やまれます


とにかく面白かったのでよかった
それだけです

では

明けましておめでとうございます

風邪引いてぶっ倒れてました


logo_s_01


今回は簡潔に


まず阿知賀の全国の都道府県2位倒しの旅龍門渕編
鷺森灼と原村和が対戦することについての阿知賀女子の面々の意見が聞けてよかったと思うところと公式でのワカメいじり
色々ぶっこんでくるなぁと感じました

千里山のはうなぎドックはもうない商品ということをホットドックになっていることで痛感
悲しき状態聖地は生ものということを改めて実感。

そして怜シフトのところで怜を読んでる人であればわかると思いますがこないだ怜で小学生竜華と怜の料理回をやったところ
なのにいきなり竜華の怜に向かった「料理結構得意やねん」発言

そんなこと怜は100も承知なのではと思いました。ここはいらない発言というか色々設定がおかしくなるというか違和感しかなかったです
まぁ怜が後付に後付になんで仕方ないですが

あとセーラがセーラ過ぎてびっくりしました あれはセーラ


でも白糸台パートではつい最近の本編の白糸台回想の内容ガンガン引用してるのみると千里山での竜華発言はやっぱり謎
そして宮永照が浜辺美波さんの1人2役はかなりの驚き

というかよくスケジュール空いてましたね‥



新道寺パートでは友清さんがメンバー外れてざわついてる控えの人たちかと思ったらそっちじゃなかったという
色々考えすぎでしたね
そしてえらく豪華な新道寺校舎と須田山コーチまで出陣という





とりあえず今回ここまでで
映画が楽しみになってきたというのとこれ終わったらまた暫くロスが続くのかと思うとがっくり来ますね
関西では前回の映画来週しますんでまだ咲は続きます

皆さん風邪には気をつけてくださいね
では

こんばんは
ななんやかんやドラマ本編最終回です
1ヶ月は早い


関西以外は気をつけてね





logo_s_01









開幕ジョージはやっぱり咲が始まったという感じが強いです


気のせいでしょうか




で、奈良予選1話の時点で晩成戦がちゃっかり決勝に変わってましたが初瀬もメガホン応援役からスタメンへ大昇格 晩成の1年生レギュラー岡橋初瀬  

憧を叩くだけのためにここまでのし上がるっておかしいよ(褒め言葉)

マスコミは10連覇がかかった晩成の前に集まる中阿知賀はノーマーク
というか誰が考えたってここは晩成の抜けが確実としか予想できない

そして憧を煽る初瀬
こいつ憧好きすぎていつも煽り倒してるけど晩成の1年生レギュラーがマスコミの前で他校の生徒煽り散らすとかビッグマウス過ぎるしなにせイメージ悪すぎませんかね‥‥



そして奈良県予選決勝までダイジェスト
決勝の前に現地に応援に来るこども麻雀クラブのメンバー

応援は力になりプレッシャーになるという阿知賀のレジェンドからのありがたいお言葉
それを打破するのはいままでやってきたことを信じて目の前の麻雀に集中するしかないと
それを全国でできなかったという悲しい自分の経験も自虐してましたが



そして決勝先鋒小走先輩
お魅せしよう…王者の打ち筋を!

ないです 耳を最初疑いました
THE小走やえがないんですもん

でいつも通りドラ7やられてご退場
一応小走先輩フォローするけどそりゃドラ集めするわけわからんやつをたった数局分の牌譜みただけで対策しろって方が難しい
でも仮にも昨年全国出てるんだし気になったのなら偶然とかいう言葉で片付けるのは晩成のエースとしていかがなものか


そして控室サイドでやたら偉そうな上田良子
丸瀬紀子「私がなんとかします」
撃沈
岡橋初瀬「私がなんとかします」
撃沈

コントか何かでしょうか

そして初瀬さん撃沈したふりしてるけど差は詰めているので悪くはないんだよね


さっさと副将戦へ
鷺森灼部長に選ばれた経緯のところで赤土晴絵と2人きりのところであからさまに緊張してキョドってるあらたそかわいい


上田良子撃沈

そして大将巽由華登場
晩成は未来永劫負けることはない
と小走先輩が言ったとそうだ晩成は負けないよ頑張れ
そしてかわいい


で追いつく晩成大将巽由華
ここで思い出して欲しい
阿知賀は先鋒で+55700
晩成は小走先輩が+15400
その差4万点のリードがあったにも関わらず追いつかれてしまったのである
晩成高校の強さというものももう一度分かって貰いたい

決して晩成が弱いわけではないのだ


しかし追いついたところで引き離す高鴨穏乃

優勝阿知賀

そしてアニメで壁を殴った上田良子さん今回は机を殴る
利き手はやめろブルガリア

一応何のことだか分からない人用
http://bal.nobody.jp/burugaria.htm
もしくは杉内俊哉 ブルガリアで検索したらすぐに出てくるはず‥

歓喜の輪に包まれる阿知賀

そして自分のチームほっぽかして憧の前に現れる岡橋初瀬さん
この人ヒロインか何か?

そしてあんだけ煽り散らして一緒に麻雀がしたかったとデレる初瀬

というかこのドラマは新子憧と岡橋初瀬の話がメインでそのおまけで阿知賀が全国に行けました
っていうのが本筋に見えてくる内容だったので初瀬の出番と憧の話がメインになってくるのは当然であり和のことなんかCパートまでほったらかしなのはあるべき姿ではあるのですが初瀬が見ているものが憧1つなのに対して憧は初瀬はおまけでその先も見つめているので初瀬の愛は伝わりません 初瀬無念

初瀬サイドの視点で見てしまうので初瀬がかわいそうでかわいそうで

ちゃっかり奈良県大会に姿を現すいわてからやってきた熊倉トシさん 岩手県予選は終わったのでしょうか
というかトヨネがみたい

で清澄が全国に行けましたと関西スポーツとかいう謎のスポーツ新聞の一面が高校麻雀の長野とかいう田舎の優勝校が決まりましたとかいうニュース

この世界の麻雀おかしいよ
大体プロスポーツが一面じゃないスポーツ新聞ってよっぽど暇な時くらいなのに


そして強化試合のシーンはスキップで1ヶ月後
となり阿知賀大応援団に囲まれて全国の舞台へ出発
なんか見たことある人がいるのは気のせいでしょうか

そして現れる有名校 白糸台 千里山

‥セーラがおかしい
セーラの胸にやたら目が行く
セーラに胸がある
セーラに失礼だが胸のあるセーラのインパクトがすごい

というか北部九州最強なのに有名校のくくりに入らない新道寺はおかしいよ



で次回特別編やって終わりですね


いや~時間が立つのは早かった
1ヶ月あっという間でした
もうすぐ映画で終わってしまうと思うとそれも残念です


今回はただ一つ
王者の打ち筋は欲しかった



では



こんばんは3話の感想です


ネタバレ気をつけてくださいね



logo_s_01














では本編


前回の振り返り

ヤバいやつらが5人プラス1人集まった




時は過ぎて穏乃も憧も高1になり新生阿知賀女子麻雀部始動

過去40年で39回奈良県大会を制している晩成が同じ地区がいるという中全国を目指す
普通にしてたらそりゃ勝てません
その1回を作った赤土晴絵が監督としているわけですがそれだけで晩成を倒せるほど甘くはありません
一応晩成フォローしときます


そして赤土晴絵に鍛えられる穏乃たち
直近まで実業団エースだった人が実質地方の何の実績もない高校生に負けるとなると大問題ですしね




ここで各個人の特徴説明
玄の牌譜 宥姉の牌譜の説明はともかくとして
灼のボーリング手牌を匂わせる描写があったりと意外な展開もありました

そして穏乃は現状どうしようもないということを告げられるかわいそうな話
山にこもり続けた穏乃に対して妖怪だ狼に育てられただナチュラルに酷いこと連呼する阿知賀女子麻雀部


穏乃の麻雀スタイル探しがスタート
ここで気になったのは穏乃が玄に対してドラの集め方教えてくれと言ったことに対して憧が言ったアレは真似できるものじゃないというのがこの先にある玄の過去話を知っているような口ぶりで神妙に注意する憧が印象的でした



そしてお待ちかね晩成高校登場

初瀬登場そして晩成に来なかったこと責められる憧

でもここ赤土晴絵がいるって自分でバラしてますけどそれじゃあ晩成にも名が知れている阿知賀のレジェンド赤土晴絵感がないんですよね
初瀬も赤土晴絵がいるって聞いてもえっあの赤土晴絵が みたいな感じないですし


あと初瀬が憧に惚れたメンヘラみたいな鬼気迫る演技面白かったです

またどこかの卓で
ってセリフがないのは残念でした



そしてみんなお待ちかね晩成のレジェンド小走やえ先輩の登場だ!!


そして今回はお仲間を引き連れて登場

赤土晴絵の名前に一番驚いてるのが丸瀬紀子という事態発生
巽さんはかわいいそして冷静に相手を分析する やっぱりかわいい 以上



棚からパンを取りマメが出来てありゃ相当打ってるにわかは相手にならんよの3段コンビネーションも決めて無事に今回の役目終了


自分小3のころからマメすら出来ないほど練習している練習量とパンを取っているだけなのにマメを発見しあれは相当打ってると見つける観察眼

やっぱり小走やえはレジェンド



完璧な補完話になるドラマオリジナルの憧と穏乃の山登り

ツキノワグマ見かける山に革靴で山登りをする憧は完全に山を舐めてますね‥
穏乃見てみろ山登りに適した運動靴だというのに
やっぱり山は山にちゃんと接する人に味方するんですね


そして穏乃の能力を発見した理由をここで明らかに
原作でも全く明かされていなかったことでなるほどと思わう納得


そしてここで真っ暗になりながら下山 

他のメンバーが帰ってこないので探してます
ここで

1 こんだけ暗くなってるのに女子高生2人が山から帰ってこないのに救助要請すらまともに出してない赤土晴絵
顧問以前に大人として大問題では
2 松実玄お前山に行ったというの知っていたのなら真っ先に新子望さんから帰ってないと連絡が来た時点で自分たちが探すのではなく救助要請した方がいいと判断しなかったのか そしてその情報鷺森灼さん知らないけど情報共有しろ
3 寒いのに外出てる松実宥さんはがんばった
4 帰ってきて足をくじいた憧を病院に連れて行くのではなく家に送るという判断を下した赤土晴絵はやはり教育者として失格では
5 親友怪我してるのに今の感覚を大事にして麻雀したいとかいう穏乃はどうかしてる 体心配してやれよ
6 そして本気かと言いつつ夜に阿知賀女子にわざわざまた出向いてまた麻雀することを許す赤土晴絵は大人として教育者として論外 早く病院か家連れて行け


結論
赤土晴絵は教育者として最低



そして人格問題はさておき穏乃は自分を見つけ完全に掴んだ穏乃
部長灼もここで公開
そして全く気合の入っていない気合い入れ灼らしくていいと思いました


今回完全に本編になかった補完話がメインということで2ヶ月鍛えられている中で起こった出来事が色々入っていたので面白かったです こんな感じの展開と切り口もあるのかと今までと違った感覚で見ることが出来ました
ただ赤土晴絵はコーチとして優秀かもしれないが人間としてどうかと思う

では

こんばんは
MBS終わったので振り返りといきます


また他の地域の人は気をつけてね




logo_s_01













前回の振り返りからスタート

そしてOP
阿知賀の面々の歌唱力がすごいことよりもシャープシューター弘世菫様のアーチェリーカット
どうみたってそっくりなすばら先輩
リー棒立てリーチ園城寺怜
以下様々なメンツが出てくるのですがそっちに目がいってしまいます


そしてすこやんとこーこちゃんが出てくるシーンが有るのですがここで再生なりなんなりと止めていただくと分かるのですが後ろにテレビ局の名前が書いてあります

NMTV 日本麻雀テレビ

以前(3年前)インハイの中継をしているのは地上波だBSだ何だと言いました(http://ijigen.blog.jp/archives/4576229.html)がここでこれが補完されるとするならば

これ名前的にCSじゃないか

ということです

3年前の考察は全く違っていたということに
そして複数のCSでインハイ麻雀中継するってよっぽどな人気なんでしょうね
地上波でやれよ それ と言いたくなりますがグリチャやってBS11やってフジ+たまにNHKがやる競馬中継みたいなもんでしょう




とOPの話はここまでで本編

メンバー集め回なのでさっそく集めに行きます

ということで松実館へ移動
夏こたつ登場ですつまり宥ねぇ登場

似てますね‥ そしてやたら声のでかい穏乃
The高鴨穏乃みたいな感じです

その声にビビる宥ねぇもそれっぽさが出ていて良いなと思いました


あっさり勧誘成功と共に5人目集めに行きますが
ここで麻雀部勧誘リストと言う見慣れないものが登場

総勢24名
シロちゃん 西條    茶木
吉川さん  美琴    ひとみ
中島さん  雪ちゃん    聡美
岼ちゃん  メイ     苺
聖奈美   大島さん  コトネー
佐久間さん 姫蘭     山路
滝ちゃん  雅美     サ??
??ゃん   クッキー     ???

不明箇所結構ありますね
そして岼とかいう字が初見で読めるのかどうかという問題も

ここに鷺森灼を加えた25人リストアップできるってこの世界の麻雀人口やっぱりすごいんですね


そして鷺森灼勧誘のためクロチャーさぎもりレーンへ

そしてあのボーリングエプロンとクロチャーの服原作と同じじゃないですか
再現度高いです


そしてレジェンド赤土晴絵がプロとして活躍していることを知り部に名前を貸すだけならと参加するあらたそ

ここでみたことないはるちゃんばことかいうものが登場
あそこにネクタイが入ってるとするならば常に近くに赤土晴絵を感じられるようにしてたってことでまぁ赤土晴絵オタクというか好きすぎる赤土晴絵愛が伝わってきます


そして入部で阿知賀女子学院麻雀部5人揃います

ここからオリジナルシーンで灼が麻雀打ち始めるまでの内容がオリジナルイン

ここで4人で打ってる中でまた玄ちゃんが1位かぁ
という聞き捨てならないセリフが

この時点では赤土晴絵の特訓がなければクロチャーがダントツトップだったということ
まぁドラ集めするアレがあるからですが

そして麻雀打たないあらたそに打ってくださいとお願いする穏乃
別に目標がないからとそれを交わすあらたそ
なら勝負だというお約束展開

ここで赤土晴絵チーム廃部による帰還シーン 

望さんによるケーブルカー乗り場からで自家用車での迎えではなく
JR東海の車両のバス帰還ですが

そして過去の回想シーンと現代がいり交じるシーンへ

原作とは違いバスで帰還しすこやんに植え付けられたトラウマで完璧メンタルやられて1人なりたいとバスを飛び出す


つまりちびっこファンタのやつはなくなりました残念

ですがあのネクタイの子のシーンはやっぱりあらたそかわいいです
というか赤土晴絵を見てキョドってるのみてるとただのファンと憧れの人にしか関係的に見えません


そして赤土晴絵が監督として全国を目指し9年前のトラウマを晴らしたいと
そのため鷺森灼は赤土晴絵を全国へ導くという目標ができたから練習に参加すると



今回ここまで次回ついに進級して高鴨穏乃高校生編へ




今回の感想1
鷺森灼オリジナル展開は原作補完の形になったのですごく新鮮に見れました
阿知賀女子のあの時点でのここの麻雀力や関係性が見れたのは面白かったです


赤土晴絵回想と現代混じっていたのは面白いと思いました
また2次元での小鍛治健夜とかいう化物が2,6次元もとい3次元で出会うとこうなるのかというのが見れたのはなるほどと思いました。ですが欲を言うなればあのネクタイの場に望さんもいてほしかった


無理だとわかってるけど言いたい
JR東海しかも恐らく御殿場線だと思うけれどもあれではなく
ケーブルカーでなくとも近鉄がみたかった

なんていうのか吉野に赤土晴絵が戻ってきた!

というのが個人的に全く無かったので少しでも吉野要素が欲しかったです




では


このページのトップヘ