ここでは咲本編にほぼ触れずただただ先週末新宿品川大阪京都と大移動を繰り替えし、なにをしていたそこで何があったのかを述べて最後に映画の感想をちょこっというだけのものです

本編の感想書かずこんなことしてて良いのかとも思いますが気にしません


logo_s_01



まず土曜池袋の挨拶回が取れなかった私は
< " src="http://livedoor.blogimg.jp/ijigen_yuzu/imgs/6/8/68089e41-s.jpg" border="0" hspace="5">

いつものごとく臨海女子もといミョンファちゃん涙目場所に向かっていました
今年初今年度で言うなら11回目通算25~27回目くらいです

来すぎ疑惑

そして新宿回を見る前に池袋にも一応寄り
新宿へ

DUDXJ4aVQAAREDM

舞台挨拶ではキャスト総勢10人プラス監督にこーこちゃん役の川口さんが司会と舞台上にいたのですごいことに

とりあえず白糸台コンビのコントが面白かったです
あと淡がそのまんま淡ということに驚き


そして見終わると品川へ移動
ここで微妙に時間が出来たので余裕はありましたが2度めの舞台挨拶へ

DUBfl-rUQAAe8Hd

今回は新道寺と千里山で舞台挨拶中に裏のCDお渡し会ですばらモノマネが行われているとの情報が入り本家すばら先輩のすばらを生で聞くことができました
これも後で話もしますが今回新道寺の株上がりすぎでは

飯やら宿の話も後ほど

2日目

朝から新幹線で大阪へ移動
難波でのCDお渡し会に朝から参加
恒松すばら先輩のモノマネ大会に加えて桜田ひよりさんの小走先輩のモノマネ 

昨日より尺が長いすばらモノマネだったそう

そして移動
DUDXLhXVoAAYREZ

梅田阿知賀女子舞台挨拶

またモノマネ
今度は千里山ミニコント
失敗に終わる上咲舞台挨拶恒例マイクトラブル
それはそれで面白いしいいオチがついたと思えば…

ラスト

DUDXMjpVAAA_WaV
京都舞台挨拶です
ここでは浜辺さんと浅川さんの清澄コンビによる舞台挨拶で浅川さんが阿知賀編見てないことも発覚し、前作を振り替える回という珍しい形に
そして前作のセリフをいうやつが知らぬ間にミニコントに
しかも初回のしょっぱな咲と和が出会うシーンを浜辺さん完全に忘れていてしっちゃかめっちゃかに
 

そして弄られる京太郎
京太郎は紙となり散ったのだ。
悲しき存在須賀京太郎




と1日で4舞台挨拶1お渡し会と回ってきてこの咲実写について感じたのは
これ最初義務感見始めたはずなんだよなぁ…と思いました

今回のドラマも映画もそうですがいつの間にか義務感から楽しみに変わっていったというのが自分でも予想外というかいいように振り回されてるなぁとは思います


肝心の映画の内容については
ああいう見せ方もあるのか
というのとよくまぁあんだけ詰め込んだなというのが正直なところで
最初のすこやんと赤土先生の立ち位置と関係から最後に対等な場で話せるようになるというのはなるほどと思う場面であるし
新道寺のラストはタコス抜きでえらく変化した形になってますがあれはあれで泣けるシーンとして成立させているのは変えてよかったと思う場面です 
その直後に笑かしにくるように白糸台控え室が大変な事になってますが


今回新道寺の哩姫やすばら先輩がいい人過ぎたりリザベの演出がわかりやすくいいものになっていたりかなり優遇されていたような印象さえ受けます

逆にいえば次鋒中堅はダイジェストで進行していたということ
誰かと誰かにスポットを当てるのではなく全体に当てないといけない難しさと尺からそうなるのは仕方ないのないことですがフィッシャー亦野は釣竿どころかポンすらほぼしないし二条泉は大口叩いて大赤字出したやつにしかならないのが少し残念です

しかしながら原作補完の場面であったり照淡の演出etc…牽かれる場面も多いのも確かなこと
全体的に見てもはやり面白いと思わせるし宮永照営業スマイル時の隣にいる弘世様の開いた口が塞がらなくなったりするところみたいな細かいところまで作り込まれたのはやはりすごい点でした


で、宿の話
1日目品川終了後
飯を食う場所を探しながら周りにいた人たちと話をしていました
東京ビジネスホテル1部屋空いているじゃないか


泊まりますよね
そりゃ
この東京ビジネスホテル
実写の阿知賀女子麻雀部の宿舎であり麦茶で大人の味と叫ばれた部屋です

同じ部屋ではなかったですが
これが宿舎と感じることができました
近所は新宿2丁目でした


飯はいろんな方々と話して色々見方があったりこういう感じでこうなったのかと様々な意見を交わしたり得ることができました。
次見るときの注目ポイントだったり皆さんよく見てるなというより見すぎじゃないかというくらい見てましたね…脱帽
小沼監督からも吉野山モスバーガー認知しているということなど色々お話も伺えました。
映画公開初日から監督と話ができること自体かなり恵まれている環境であったということに感謝するしかありません。


と色々ありましたが舞台挨拶4箇所いった感想からすると4箇所とも行ってよかったし行くかどうするか悩んでやめちゃった人は勿体ないなと個人的に思いました。

それぞれに興味牽かれるところがありとても面白かっただけに池袋取れなかったのが悔やまれます


とにかく面白かったのでよかった
それだけです

では