こんばんは
また壊れるスキャナー
最近どんどん咲の大阪舞台が南下してきて一種の驚きも感じてます

流石に大和川は越えないでしょうが


では本編

扉絵は30円の因縁の相手

場所は天王寺公園横
最近きれいになりましたがこの扉絵の場所といえばイメージとすれば
l5-2-09
こんな感じでブルーシートが何個もあって青空カラオケやってたイメージしかありません
女子高生が近づくのは遠慮しがたい場所でした
これも大体15年前には撤去されましたが

※今回の扉絵と同じ道です

それだけ天王寺も変わったということですがこの場所説明する時に咲の扉絵の場所というよりも青空カラオケがあって変な露天がいっぱいあった場所ということのほうが強烈ですからね‥‥


横道にそれましたが本編
セーラ親番
手牌は五向聴チートイで三向聴という形
セーラ自身は楽しんでいこうと心がける

ここで勝手にスランプ起こして立ち直るどっかの部長であったりスランプ起こしてそのまま引きずるやつとは違ってスランプをこういった場で起こさないために自分でコントロールできているのが素晴らしいところ
そしてフナQ解説の3年生パワーもある 
そりゃ安定して強いよ
一方そんな中洋榎一向聴ながら7萬をポンして2000点のテンパイで親番流す気満々
それには成香も同意

ですがセーラも追いつき6索切りなら洋榎に和了られるところ高めの三暗刻を狙って5索きりでリーチと
これが勘というやつなのかたまたまなのかはしりませんがそのまま一発ツモで4000オールと大爆発

一本場も揺杏リーチするもセーラ絶好調追っかけリーチでロンして9900和了り
ただしこれを羊先輩と洋榎がポンして鳴いてズラしたのでこの点数
そらさなければ18300飛んできてたのでこれで勢いを抑えられてきたとも受け取れます

そしてこのままでは終われない揺杏はどうなるかといところで次回へ

また今度も連載あるという喜び
とりあえず新道寺の羊先輩と比与森楓先生との回想シーンがみたいです



では