クッソ久々にこんにちは

今回臨海女子の部員について考えていきます


まず臨海女子は外国人留学生という助っ人を使い4人メンバーとしています。
これ以上の助っ人は現段階ではいないと明記されているので不明なのは辻垣内以外の日本人選手というところです。

まずこの団体5人以外のメンバーが本編に出たこともなく、姫松のように対局してるシーンもないので全く分かりません

では考えてみるのが臨海女子のバックにいるスポンサーという存在です

スポンサーは外国人留学生を積極的に採用していて特待生の日本人には興味がないように考えられます
これは昨年の辻垣内の扱いからの考えですが
では辻垣内はなぜここに入学したのかという考えが残りますが、共に日本人選手自体も少人数ではないかと考えます

私が考える中で辻垣内をヤ○ザの娘と仮定した場合昨年と今年の間にスポンサーとの確執があったか昨年の個人の成績でスポンサー側に文句あるかと交渉したかですかね

個人的推測ですがおそらくガイトさんの実家は麻雀やることをよしと思ってなく麻雀で活躍できないような強いメンバーで外国人で固める臨海女子に進学させたが、個人の能力で劣勢を撃ち破って団体レギュラーまで昇格したと考えてます

こうだったらいいなくらいですが


で日本人選手ですが麻雀部自体の門は開いているが入部希望も少なく少数精鋭ではないかと思います

いて16人くらいですかね大人数ではないと思います

臨海女子の部室シーンでも部屋はそこまで人数入れるような感じでもないですし5人しかいないも充分ありえるような気もします

20130912000932










まぁ冬休みだか春休みに集まった可能性も否定出来ませんが


私の結論として
1.日本人選手は多くない
2.部員はいても20人
3.団体メンバー5人しかいない可能性も多いにあり得る

んなこと誰でも分かるって言われたらそこまでですが……

ただ私がはっきり主張したいのは臨海女子は大所帯ではなくガイトさんの過去話をはよ見たいということです


これ考察なんですかね

では